読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美咲子の良好的伝言

美咲子のブログ

年収を見てみると年収が上がるほど投資経験の比率が高かった。

美咲子です、iDeCoは個人が毎月掛け金を出し、運用商品を選ぶ制度。自分で選んだ投資信託などの運用成果によって、老後に受け取れる年金の額が変わるため品定めが重要だが、投資初心者だけでなく、多くが投信選びに悩んでいる実態が明らかになった。
投信購入で困っていることを聞いたところ、投資経験者も含めて投信を選ぶのが難しいとの答えが最も多かった。
次が自分に適した投信がわからない。
さらに分配金など損得の判断が難しいといった投信特有の複雑な仕組みも悩みの種。
信頼できる情報がないなどの不満もくすぶる。
老後や安定した生活を送るために資産を増やしたいと考える人は全体の半数以上に達した。
それにもかかわらず、株式や投資信託といった金融商品保有・運用したことがあるのは29.9%にとどまり、株式や投資信託などを活用し た資産形成への取り組みはなお少数派となっている。
投資未経験の理由で多かったのは損をしそうだから、元本割れのリスクがある取引は一切行いたくないからだった。
手元に資金がないからや商品に関する知識がないからという理由も目立ち、まとまったお金がたまったり、勉強したりしてからでないと始められないという思い込みが強いことがうかがえる。
年代別では年齢が高くなるほど投資経験者の比率は増え、60代では42.2%にのぼったが20代では17.7%にとどまった。
年収を見てみると年収が上がるほど投資経験の比率が高かった。
年収1000万円以上では半数以上だったのに対し、500万円未満は3割以下だった。
安心の老後のために投資で資産を増やすには、それなりのリスクを負わなければならない。
リスクを軽減する方法はあるし、少額からでも始められる。
次に、こんな話題もどうぞ。
ほうれい線
ほうれい線が出てくるのは、首の凝りや肩こりも関わっていて、口の周辺の筋肉が凝りの影響を受けて、疲弊して起こるからです。
経絡リンパマッサージをリファですることで、滞りがちなリンパ液の流れも良くなりますし、血液の流れも順調になります。
これによって老廃物は排出し安くなりますし、栄養素と酸素は筋肉に補給されやすくなります。
この流れによって、首と肩に感じる凝りも解消をしていきます。

聞いてはもらえないどころが、逆効果になる可能性もある。

美咲子です、外国人の入国制限策などをかかげるトランプ政権は、世界から人権軽視との批判を浴びる。
この点を記者会見で聞かれた安倍氏はノーコメントで通した。
トランプ氏を怒らせず、まず親しい友人になる。
安倍氏のこんな対応が間違っていたとは思わない。
ただ、このままでは本当に丈夫な同盟は育たないのも現実なのだ。
これはきれい事ではない。
人間でいえば、同じ信条で結ばれた友情は強く、苦境に耐えられる。
だが、利益だけでつながる友人関係はもろく、ほかに役立つ人物が現れれば、 そちらに流れやすい。
トランプ氏にはそんな危うさがある。
そのひとつが対中外交だ。
私たちは良好につきあえる過程にある。
トランプ氏は10日の安倍氏との共同会見で、中国との関係についてこう予告した。
9日の習近平国家主席との電話で非常に良い話ができたからだという。
あれほど厳しかった中国への態度が一変したのは、経済で何らかの秘密提案があったからかもしれない。
複数の外交筋によると、中国はトランプ氏を取り込むため、ホワイトハウスに猛烈な接近を試みていた。
中国の経済規模は日本の2倍以上。
トランプ氏が実利だけを追求するなら、日本より中国との協力に魅力を感じても不思議ではない。
最悪のシナリオはその結果、米国が安全保障で中国に譲り、アジ アの安定が揺らぐことだ。
そうならないようにするには米中と異なり、価値も共有できる日米同盟の大切さを米側に理解してもらう必要がある。
欧州でも頭越しの米ロ接近への不安が漂う。
むろん、自由や人権をトランプ氏に説いても、聞いてはもらえないどころが、逆効果になる可能性もある。