読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美咲子の良好的伝言

美咲子のブログ

合意を図るのは静かな環境で法整備するためだが、各党の溝は深い。

美咲子です、政府・与党は皇室典範の付則に立法措置による退位を認めるとの趣旨で特例法の根拠規定を置く案を検討している。
大島議長は公明党の聴取でこの案についての考え方を問い、公明党北側一雄副代表は検討の余地があると答えた。
典範付則に根拠規定を置く案は典範改正を求める民進党に歩み寄る狙いがあるが、野田氏が説明した党見解は実質的には特例法に全面的に委ねることになると否定的だ。
皇室典範4条は、皇位継承天皇の逝去に伴って行うと定める。
野田氏は典範改正でしか皇位継承はできないとし、典範に退 位という言葉を入れるべきだとした。
与党からは根本的に考え方が異なる。
難しいかもしれないと合意を不安視する声も出てきた。
与野党調整の進め方も自民、民進両党に溝がある。
自民党民進党と水面下での協議を探っていた。
野田氏は聴取後、記者団に議事録に残る形の議論が大事だと強調。
衆参議長と全党が参加する協議を開くべきだと提案し、大島議長は記者会見で適切に全体会議を開かなければならないと明言した。
野田氏は憲法審査会で天皇制を議論することを妨げるべきでないとも表明。
大島議長も審議権を妨げるものではないと応じたが、改憲論議に波及させたくない与党は慎重だ。
民進党が重視する女性宮家の創設など安定的な皇位継承のための課題に関しては、自民 党は退位と切り離して議論することは否定していない。
民進党もまずは退位問題で結論を出すことに全力を尽くすとして検討課題にとどめることに理解を示した。
大島議長は聴取の中で3月中旬までの合意形成をめざすと伝えた。
政府が法案をまとめる前に国会での合意を図るのは静かな環境で法整備するためだが、各党の溝は深い。
次に、こんな話題もどうぞ。
ヴェルファイアのシートカバーを比較…お勧めは特別価格のコレッ!
http://www.xn--bckcfkx5e3fvcvb1qqdxed.com/
特別価格で買うことのできる人気の高いお勧めヴェルファイア用シートカバーをご紹介したいと思います。
ヴェルファイアのシートカバーは数多くありますが、その中でも“安さで選ぶ”としておすすめなのが…
ヴェルファイアのシートカバーの中でもおすすめできる商品が…