読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美咲子の良好的伝言

美咲子のブログ

長期保管方法を検討する間の安全な一時保管場所になりますよ。

美咲子です、選挙後に株式相場が騰勢を強めると、こうした待機マネーが流入
現金比率は今年2月に4.9%まで低下したが、過去10年間の平均より高い水準で、マネーの流入が続いている。
もっとも、高値警戒感も広がる。米市場の予想PERは約18倍と、約13年ぶりの水準に上昇。
米株は高い。
いったん下落する局面で買いを入れたいが、上昇が続くので我慢できず買っている。
チキンレ ースのようだ。
米大手運用会社の運用担当者はこう話す。
米連邦準備理事会が22日公表した1月31日~2月1日開催の米連邦公開市場委員会議事要旨では、多くの参加者がかなり早期の追加利上げが適切と指摘した。
ところが先物相場は次回3月会合での利上げの可能性について、20%台しか織り込んでいない。
そんな状況で本当にFRBが利上げすれば、株式相場の調整は避けられない。
トランプ政権が政策を円滑に実現できるかどうかも懸念材料だ。
ゴールドマン・サックスのストラテジスト、デービッド・コスティン氏は市場の楽観は極限に近づいている。
税制改革が企業収益に追い風となるという期待について、想定よりも小さく、遅くなることを投資家も認識しはじめていると指摘する。
株価上昇をけん引する銘柄も偏る。
ゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェースの株価は、昨年11月の米大統領選後から3割上昇した。
金融規制の緩和を巡る思惑などが先行し、相場のいびつさも広がっている。
株高に沸いた87年は、10月にダウ平均が大暴落するブラックマンデーに見舞われた。
トランプ氏が実行に移す前から政策への期待が大きく膨らんでいるだけに、内容が伴わなければ、市場心理を一気に冷やしかねない。
それからもうひとつ、「トランクルーム…東京」のネタも!
トランクルーム東京
物置としての用途は、誰もが思いつく一般的な利用目的で、住宅のスペースが限られる時に適しています。
趣味のコレクションが増え過ぎて部屋に置けない、そんな時は減らす為に処分するか、新しく部屋を借りるかの二択に迫られるでしょう。
前者の決断には勇気が要りますが、トランクルームは短期間から借りられるので、長期保管方法を検討する間の安全な一時保管場所になりますよ。